プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

フリーでゲットできる、600MBのprotools/Structureサンプラー用・オーケストラ&弦楽器ライブラリ!ダウンロードと読み込み方法紹介

おばんです。

暑いけどなんとか元気です(^_-)
mikaん星人アワーです。


今回は、久々プラグインねた。海外のサイトで、意外と少ないストリングス系フリー音源ライブラリ『Sonatina Symphonic Orchestra』というのを発見しました。
201308041.jpg

説明によるとFREE Structure Orchestra Library - Over 600mb Of Samplesと記載されてあり、サンプラー系ソフトウェアStructure上で読み込めるライブラリとのことです


さっそく、ダウンロード&パッチ読み込み方法をチェックしてまいります。(時間の関係で楽曲はございません、ご了承ください)




の前に・・・
このライブラリをゲットする目的とは?

そもそも、dawには最近ほぼ音源がはいっているので、ゲットするメリットはあるかというところですが、以下の点で有益かと思います。


(Structure用なので)protools系daw導入初期における、ストリングス系ライブラリの充実
mini grand(ピアノ) boom(リズムマシン) xpand2(マルチ音源)などは付いてきますけど、弦楽器のパッチはちょっと寂しいところです(実際、xpand2のストリングスパッチは、オケに埋もれやすいので工夫が必要
Sonatina Symphonic Orchestraライブラリはそれに比べやや固いというか、はっきり出そう感があるので、オケによってはこっち使ってもよいかもしれません


他の弦音源・ライブラリと組み合わせて使う

例えば、
弦トラックのアタック部分にこのライブラリのスタッカート音入れて、ちょっと伸ばしたところにA音源でトレモロ

とか、

上ヴァイオリンはこれ、ヴィオラはA音源、チェロはB音源というように、出音が良いパートを組み合わせて

とか。
好みの組み合わせ・カッコいい組み合わせ・オリジナルな出音など、いろいろ工夫ができて楽しいかもしれません



ダウンロード&パッチ読み込み方法


ダウンロードのしかた


まずは、フリー配布者さんのサイトに行きましょう。海外のprotools専門サイトの1ページ
http://www.pro-tools-expert.com/home-page/2013/1/20/free-structure-orchestra-library-over-600mb-of-samples.html
に、中央部あたり文章ダウンロードリンクがありますので、それをダウンロード・解凍します。
解凍したものは、任意のフォルダ(読み込むとき覚えておきやすい場所)におきます。




Structureで読み込んで使う方法
201308042.jpg
Structureの上記のボタンだと、デフォルトで入っているものしかでてこなかったので、右側のブラウザを利用します。



ブラウザを選択したら・・・
201308043.jpg
あとは普通のパソコンのようにフォルダ選択。



好きなパッチを選んで弾いてみましょう。ここにパッチが表示されない場合は、『main/browser』タブの下の部分で、『patch/port/sample』のpatchが選択されてるかチェック♪
201308044.jpg
左側にドラッグ&ドロップでもokです。
パッチは、奏法ごと・楽器ごとなどに別れているので、使えそうなサウンドをチェックします。



というわけで、(いつもはkontaktを使っており)Structure久々に開きましたが(笑)、ちょっとザラッとした感じのストリングス音で、いろいろ混ぜ具合など検討できそうでした。




○何かの書籍かサイトで読んだのですが、メジャー活動をされている、あるボカロPさんも、フリーソフト/プラグインをいろいろ探して試しているそうです。かなり個性的な音だせたりとか、工夫や使い込みで、この手のソフトも、化けるのではないでしょうか(^_-)=☆


と思う方は

にほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: フリープラグイン protools ストリングス音源
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。