プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

2013年上半期音楽ソフト売上が前年93.6%と減少!しかし生産数は増加中!伸びてるのはもしや、posデータなどを用いた、CD販売調査協力店に入ってこないポイントかっ?!

こんにちは

2007年くらいから、この流れ予測してた方もいらっしゃるのではないでしょうか(^_-)
mikaん星人アワーです。

今回は・・・
201308021.jpg
CD売り上げなどについてのお話です。musicmanのサイトを見ていたところ、2013年上半期音楽ソフト売り上げのニュースがでていました。

2013年上半期音楽ソフト売上が前年同期93.6%の約1064.8億円に
http://www.musicman-net.com/business/27791.html

2012年上半期と比べると、金額換算で9億8800万円分減ったとのことですココだけ見ると、音楽コンテンツのオワコン化が叫ばれそうです。しかし・・・
日本レコード協会の発表だと、生産ベースでは増えてるっぽいよね。


この記事ですね。
6月度音楽ソフト生産実績公表、数量・金額共にプラス
http://www.musicman-net.com/business/27556.html
(musicman-netニュース・ソースは日本レコード協会の発表。
協会会員社が受託した非会員社からの委託分を含む)


上記のサイトの関連記事をみると、
201308022.jpg
2013年5月以外は増加傾向にあることが確認できます。ソフト売上が減った記事は、サウンドスキャンジャパン社がPOSデータを集計して出したものなので(オリコンの調査協力店みたいなものですかね)、ここらへんに数字がずれるポイントがありそうです。

在庫ももちろんあるだろうけど、ある程度続いた期間増えてるってことは、売って在庫ハケているということでしょう。お店がパンクしますからね。では、POSデータに乗っかってこないところとはどこが考えられるでしょう??




POSデータに反映されてこなそうな、CDなどの音楽コンテンツ販売経路ってこういうのかな?




ストリートorライブ会場手売り
201308023.jpg
一番オーソドックスなのはこれ♪ライブ会場で5000とか10000枚さばいてしまうライブアイドルもいるので、バカにならない手法。ポイントは告知認知人数×トーク力・営業力×イベント回数×コンテンツ質ってとこでしょうか



M3orコミケ
201308024.jpg
私はあまりアニメとか詳しくないんで(ココ一年でちゃんと見たアニメは進撃の巨人だけだよ笑)、あまりこみけはピンとこなかったのですが、音系・メディアミックス同人即売会M3
http://www.m3net.jp/
は、遠くて行く機会がなかったとはいえ、サイトで参加アーティストをチェックしています。

ボカロや東方、ゲーム曲アレンジなどを筆頭に、DJ&ダンスミュージック、プログレ、チェンバー、シンフォニックメタル、ボサ、民族音楽など、なんでもありの感じがgoodです
主体的に探せば、お好みサウンドに出会える率高し。

ライブ会場と違って、事前にsnsやサイト、動画メディアサイトなどでのファン獲得やブランディングがどれだけできるかがポイントかもしれません。アクティブな動画再生数は、ライブ中心ミュージシャンの5倍~10倍以上は欲しいところです。



ミュージシャンが自分でネットショップ作る
201308025.jpg
カラーミーショップ for ロリポップやfc2カート、store.jp、EC-CUBEサーバーインストールなどを利用して、ミュージシャンが自分でネットショップを持つ事例もあります。(上画像はカラーミーテンプレ)
私も、ツアバンの方や、ボカロPの方で、自前ネットショップやってる方を確認しました。オリコンなどのマーケティングデータ集めているところと特約店・協力店契約をしているEコマース事業者が運営する一部のメジャー系アーティストネットショップでは、ランキングデータに反映されるようです。

買い手にとってはamazonなどのインフラに比べ、(取引上)少し手間がかかるので、コンテンツの質とともに、売り手となるアーティストの人間的魅力の高さもポイントになります



このほかにも事例はありますが、大まかに3例後紹介しました。ニュースに出てくる売り上げが減っていても、それ以外の部分が活性化していけば、コンテンツを楽しむということは、ずっと続いていくものと思います。


(このぶろぐの管理人は埋まってるかもしれませんが汗)
○埋もれず、がんがんいきましょう(^_-)=☆


と思う方は

にほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 音楽コンテンツ売上
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。