プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

お仕事サイトにサンプル音源追加。今回はハウスと、ジャズピアノをクロスオーヴァー。エディット内容は、調性圏がめまぐるしく変わるコード進行と、クラスターで上がっていくフレーズ、そして短いデュレーションで軽やかさ。

おばんです。


やっとサンプルサウンド追加できました(ノ∀`)
mikaん星人アワーです。

もうちょいスピード上げますね。というわけで、今回はお仕事サイトにサンプル追加&作り方のお話をいたします。


いつものごとく
201306044.jpg
また、『いい加減そこに時間つかうな』的なバナーつくったり( ゚д゚)してますが、今回はちょっと趣向を変えて、テンポが速くノリの良いハウスと、ジャズピアノをクロスオーヴァーしてみました。
(動画のbgmとかに使っていただくのは歓迎です、2ループいれました)


■ハウスと、ジャズピアノをクロスオーヴァー(mp3)
http://sounds-stella.jp/song/sample.pfjazzhouse.mp3


■その他サンプル音楽
http://sounds-stella.jp/sample



次チャプタでは、制作時に使ってみたアイデアを見ていきます(^_-)
めまぐるしく調性圏の変わるコード進行&それを落ち着いて聞かせるための、広めに取ったコードチェンジ間隔

■コード進行
めまぐるしく変わるハーモニーをということで、コードはこんな感じ。バップ・ジャズ的な感じで、前半部分にコンファメーション的な(マイナーツーファイブでDにいったり、そこからさらにC・Fがツーファイブになるあたりとか)進行を取り入れています。


|B♭△7 |B♭△7 |A-7 |A-7 |
|A♭△7 |G-7 |D♭△7 |A7 |


前半部
|F△7  |F△7  |E-7♭5 |A7 |
|D-7 |G7 |C-7 |F7 |

|B♭7 |B♭7 |A-7 |D7 |
|G7 |C-7 |F△7  |F△7 |

後半部
|C-7 |F7 |B♭△7 |B♭7 |
|E♭-7 |A♭7 |D♭△7 |D♭△7|
|C7 |C7 |



■コードチェンジ間隔(ハーモニック・リズム)

テンポが速いので(サンプル音源のトラックはBPM162)、1小節にコードが2つとか3つ入ったりするとフレージングも大変な上、何やっても同じに聞こえてくるので、1小節or2小節でコードチェンジにしました。

ゆったり聴きやすくなった&フレーズによって微妙に調性感を出すというようなことも可能になりました。




pfのテンションなども活用したクラスターボイシング&濁らせないピアノエディット

■intro部分の駆け上がり感を、クラスター交えて上昇させる
201306042.jpg
pfでだんだん上がっていって盛り上がるところで、クラスター(爆弾じゃないよ笑、密集和音)くっつけて厚み&響きを強化。長2度だと3つくっつけてもイケますね(^_-)
コードにあわせて、2個密集1個離すみたいな感じです。


■pf音源で、音色エディット・密集させても干渉してノイズにならんように
pfはmini grandを使用(avidが買い取る前からあったんだねえ笑)
201306041.jpg
ロック向き・バラード向きなどというようにタイプ選択のほか、room残響みたいなものの混ざり具合も調整。

ただし、(デジタルピアノ音源の悲しいところか・・・他種類音源にもあるけど)ベロシティ高め&room mix多めなどで密集和音を弾いたりすると、干渉してプチプチノイズが乗るという点が確認されました。

mixはカットしたり、バッキングやクラスター部分ベロシティ減らすなど対処。イコライザ(3kより上軽くブースト・中や低域をスカらない程度に微妙カット)など併用で、へヴィなトラックでも埋もれないようにします。



セクションに応じて、ベースのデュレーション変更・ノリに変化を

前半後半で、ノリがかなり変わります。その要素がベースデュレーション
201306043.jpg
前半は超短い♪64分音符いっこ分とかです。軽やかさは出ますね。
レ○ストームのサントラとか好きな方には、この軽やか感はおすすめです。




というわけで、聞いて楽しむほか、動画BGMとか、アイデアとして利用いただければ幸いです。近々時間あったら、より詳しくコラムにまとめるかもしれません。




○バックトラックが速いって理由もあるけど、ピアノも、アグレッシヴになりますね(^_-)=☆


と思う方は

にほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。