プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

エフェクターねた~xpand2ねた続きで、しょっぱいドラムトラックに、ダイナミクス系(マキシマイザーやコンプレッサー)その他マスタリングスイートozone5で、出音をがらっと変えてみる

おはようございます♪♪♪

日常生活で閾値(スレッショルド)って言葉使うのか??

mikaん星人アワーです。今回は続きです。


前回の記事
『pro tools・xpand2でリズム・ドラムトラック制作ねた~普通のドラム音源との配列違いを押さえつつ、運用も考えて、マルチティンバーで』の続きで、xpand2でドラムトラックを適当に作って遊んでたところ、パッチの選択ミスでかなりしょっぱくなったので(笑)、いろいろエフェクターで音を変えたりしてみました。



xpand2はこいつですね。
201212061.jpg


適当に打ってみたリズムパターン。
20121206audio1.mp3


ダンス系パッチなどは、キックが重たくていい音があるものの、単体で生音っぽいロックな感じは苦手なのかなといった印象。スネアなどがかなりしょっぱい感じです(笑)


しかし、それをエフェクターでかっこよくできるか試すのが今回の企画。ダイナミクス系プラグインを中心に使ってみて、出音の変化をチェックします。

(注:一部、実際の楽曲制作には使えないネタ的なものも含まれます)


まずはこれ。
POD Farm Dynamicsコンプレッサー
201212067.jpg

POD Farmはギター用エフェクタとして知られますが、いきなりこれ。『普通Drトラックにギター用コンプかけるかよ!』的な声が(特に知り合いから笑)きかれても、面白そうなことは何でも試してみるとよいでしょう。

今より変化した未来を拒絶したり、行動を縛ったりしているものは価値観です。



オーディオデータできました。つまみはゲインとスレッショルドの2つでシンプル。スレッショルドを下げれば下げるほど、スネアとかの『パァン』って感じが強調されてきますが、やりすぎると他の楽器と混ぜたときに干渉して汚い音になる恐れがあります。

20121206audio2.mp3

スレッショルド-35db付近でこんな感じになりました。


(長いのでトップから来た方は続きね)
続きです。エフェクターはあと3つ用意しました。


avid maxim マキシマイザー
201212068.jpg
protoolsに入ってたマキシマイザー。これもシンプルインターフェースでカンタンに音圧アップ♪しかしやっぱりかけすぎ禁物(笑)
CEILINGは英語で『天井・上昇限界値』という意味で、少し削って余裕を持たせています。スレッショルドはがっつり下げましたが、dry/wetスライダで混ぜ具合を調整できます。『がっつり下げても、うすく混ぜる』ができるエフェクタです。


オーディオデータ
20121206audio3.mp3





お遊びネタ、普通はやらないだろ的な(笑)

Audiffex ampLion フリー アンプシミュレーター
201105171
遊びで、昔フリーで落として遊んだものをピックアップ。ギターのアンプシミュレーターを通すと、ドラムもこんなに汚い音になります(笑)薄くかけてもこんなに変・・

特にハイハットの金属音系が強調されすぎて聞きにくいですが、キックだけにほんのりかけるというのも、hiphopトラックなどにはマッチするかもしれません。

オーディオデータ
20121206audio4.mp3



もどります。




iZotope Ozone 5 マスタリングエフェクタ
201212069.jpg
ダイナミクス系を中心にするつもりが、『EQ・ダイナミクス・マキシマイザ・リバーブ・ステレオイメージ・ハーモニックエンハンサ・ポストEQ』を同時に制御できるこれは、趣旨からすこし外れるでしょう(笑)。使い慣れの問題ですが、wav○sより気に入っています。
写真のようにリバーブ上だけ、下だけカットのほか、ステレオイメージやダイナミクスも帯域指定がいけます。(例えば、3Khz~5khzはがっつり潰して上げ、他の部分はゆるく、といったように)

やりすぎると逆に汚くなったので、amountはあまり上げずという感じです。まだうるさいかも。

オーディオデータ
20121206audio5.mp3



といった感じで、ダイナミクス系を中心に、いろいろかけてトラックを変化させてみました。かっこいいパッチを選択するのはもちろんのこと、エフェクターもいろいろ特性を押さえて、お気に入りサウンドをつくりましょう♪




○迫力ある音にしたくても、やりすぎは禁物だね♪

or

○コンプだけでなくて、人の気持ちにもスレッショルドはあって、まわりの人たちや、メディアに扇動されても、それだけは絶対下げちゃダメだ。
数ヶ月~1年くらいは良くても、あとあときっと後悔するし、どうでもよい理由つけて、自分を納得させる羽目になるからね・・


と思う方は
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。