プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

音楽を活用した、webでのおもしろキャンペーン~子供向けアパレル・プチバトーPetit Musicコンテスト~クリエイタ・アーティスト気質の方は、白鍵縛りでも、増音程や跳躍で、個性的なメロディを生み出せ!

おばんです。

webのキャンペーンって探してみると、結構おもしろいのあるよな

mikaん星人アワーです。


本日はwebキャンペーンと音楽を絡めたコンテンツをご紹介。子供服ショップさんのサイトです。ポイントサイト経由で知ったのですが、プチバトーPetit Musicコンテストサイトで、音楽遊び、メロ作りが楽しめます。


プチバトーPetit Musicコンテスト
コンテスト内容
楽しく遊んで作曲したら、写真も一緒に思い出に。
■応募方法
作曲画面にて曲を作成後、応募フォームに必要事項を記載の上応募。

■応募対象者
2歳~小学校6年生までのお子様
※ご家族の方がお手伝い頂いても結構。

■応募期間
2012年10月11日(木)PM12:00~2012年11月30日(金)PM6:00

(上記はサイトより引用)

■コンテストサイト
http://petit-music.jp/


しかし、管理人には子供がいないので応募はできません。まあ、ここ数年その手の話や浮いた話がないのも、職場でおもいっきりやっつけられてメンタルに問題抱えてたり、それから立ち直るために独立して、その活動にリソース割いてたから、まあしょうがないですね(笑)だれも責めることはなかったし♪まわりの方々に恵まれています、ありがとうございます。



とはいえ、ちょっとした音楽遊びするには適したキャンペーンです。

インターフェイスはこんな感じ。HTML5とかかなーとおもいきや、操作部分はフラッシュで。
201211011.jpg
音色を選択して、五線譜に貼り付けていくという、dawを使った人ならまず迷わないユーザーフレンドリーなインターフェース。音符が野菜になってたりと見た目も楽しく、お子様の音楽遊びにも適しています。


しかし、音符の長さは2種類・使える音はハ長調1オクターブのみと、制約もあります。


なぜそんな制約がついてるのかな?子供の発想は無限大だと思うのに・・

実際、小学生くらいでも、かなり楽器の演奏テクニックが高かったり、変な音程のフレーズを駆使して曲をつくるような子はいます。

しかし、運営側が『かなり小さな子』も楽しんでもらえるよう、ある程度制約を加えたといえるでしょう。

あとは、(管理人が言いたいのはここ!)12音で2オクターブとかにしてしまうと、ディミニッシュ音階やコード、半音階、セブンスの#9みたいなアルペジオなど、かなりカオスなメロディが作れてしまうので、思い出写真をくっつけるという趣旨にはあわなくなりそうです(笑)


とはいえ、幼少期から

こんなハッピーなシーンや・・
201211013.jpg

こういう状況の画像・映像のバックで・・・
201211014.jpg
(素材は足成よりお借りしました)

ディミニッシュ和音とかをがんがん鳴らす事例のみを見ていけば、『ハッピーなシーンでも不協和音合うんじゃね?』みたいな感覚は育つかもしれません。まあ、残酷なんでやりませんが。感覚違いすぎていじめにつながるのは心苦しい限りです。

しかし、ちょっと異なった感覚やスタイルでも、迷わないで生きていける世の中を目指しています


雑談が長くなりましたね。本題です。


もちろん、制約があったとはいえ、管理人もやってみたんだよね?

1オクターブ白鍵縛りは結構きついですが、
201211012.jpg
こんな感じで、『増4度音程や半音、跳躍気味の音程』を使って、変なメロディを作ることは可能でした。


白鍵のみでも、ミとファ、シあたりをうまく絡めると、変なフレーズはできそうですね。応募するかどうかは別としても、キャンペーンサイトとしては結構楽しいので、ぜひやってみてくださいね。





○おい、『レ』からはじめて『シ』の音をからめてDmコードみたいにやってみろ、ドリアンいけるぜ!
or
○責任をもったうえで徹底的に自由にやることも、制約があるなかで最大限に工夫することも、どちらも尊いものだ!

と思う方は
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 音楽制作 音程関係 キャンペーンサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。