プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

音楽制作ねた転調。今回はピボットコードで。新旧キー間で同じコードを媒介するので、つながり方もスムーズだよ。

おはようございます。

なんか最近芋づる式にぶろぐねたが出てきつつあるmikaん星人アワーです。

なんで芋づるかというと、以前の記事
音楽制作ねた、曲中での転調・今回は同ルートをドミナントにかえて、次の調性圏へ。新キーから借用した音のフレーズもしっくりくるよ。』
http://mikastellamusica.blog51.fc2.com/blog-entry-799.html


を書いた後、次はピボットでやっても面白いんじゃね?という風に出てきたからです。


今回のキー飛ばしはどのように?また前回との違いは?

今回は、前回のドミナントで飛ばすのとは異なり、ピボットコード的な手法をつかいます。


ピボットは旋回軸で、 ピボットコードとは、2つのキーで共通してるコードで、軸にして新調に飛ばしたりできます。

こないだ作ったファイルを使い、F→Gとキーが移動しますが、まずは両方のキーのダイアトニックコード(調性内の和音)を押さえましょう。


201208271.jpg
201208272.jpg


2つのキー両方に入ってる和音があるので、それを活用します。


イメージ的には・・
201208273.jpg
こんな感じです。



コード進行は実際どのようになるの?

前回のコードはこんな感じでしたが、
■さびのうしろセクション
(コード・B♭ Am7 Bdim C7)

■間奏ひと回し目
(コード・B♭ C Am D)

■間奏ふた回し目
(コード・Am7 CM7 Dsus D7)

■歌部分に
(キーG)

少し変えて2パターン作ってみました。なかなかスムーズにキーチェンジできるかと思います。


パターン1:Amが両キーを媒介するパターン

20120827audio1.mp3

■間奏ひと回し目
(コード・B♭ C Am Dm)
■間奏ふた回し目
(コード・Am7 CM7 Dsus D7)
■歌部分に
(キーG)



パターン2:Cが両キーを媒介するパターン

20120827audio2.mp3


■間奏ひと回し目
(コード・B♭ C Am Dm)
■間奏ふた回し目
(コード・CM7 Bm Am D7)
■歌部分に
(キーG)

管理人はCがピボットのほうが好みですが、『作りたい曲調』にあわせて選択してもいいでしょう。また、今回は2度上キーに飛ばしましたが、他の関係のキーでも共通コードがある場合があるので、ぜひやってみてください。






『キー・システムを学ぶ意味ってこういうのやりやすくなるってのもあるんじゃね?』

『もちろん、演奏する側も、こーいう知識をつけておくと、曲を覚えたり、複雑なハーモニーの曲でも対応しやすくなるよ♪』

と思う方は
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 音楽制作 音楽理論 コード進行 転調
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。