プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

お仕事サイトにサンプル音源追加しました~今回は勇壮なRPGバトルテーマ風&キースイッチやトラック分けによる、パッチのアーティキュレーション。でも重要なのはクサメロだったり(笑)

おはようございます。


前は載せたらのせっぱなしだったんだけど、どんどん発信していく方向に切り替えたmikaん星人アワーです。

さて受注したwebサイトやトラックの作業をおこないつつ、新しくがんがん発信は大変ですが、またさんぷる音源作ったのでお知らせいたします。



■今回は管理人どんなのつくったの?また雰囲気は?

今回は、いつもとことなり(または、テクノポップやシンセ少し入れたロキノンロックだとやってる人多いから埋もれるかなー的な大人の事情で笑)勇壮なRPGバトルテーマ風を想定しました。


サウンドファイルはこちら
mp3 勇壮なRPGバトルテーマ風

そのほかのサンプルはこちら
http://sounds-stella.jp/sample


今のとここれだけタイトルがついていて、リバティ&インディペンデンスという名前です。


ちょっと遊んで、バナーとか作ったり(笑)
201207284.jpg
ベクター加工もちょっとできるようになりました。とりあえず悪い支配者やっつける王道イメージっす(笑)




■今回はなんかエディット上の工夫とかないの?


なんか知らんけど、トラックが大量に増えて、ある程度グループわけしとかないと大変な状況に(俺の処理能力低いせいか(笑))なりました。
201207281.jpg


というのも4系統くらい使っている音源の中に、キースイッチでアーティキュレーション切り替えが効かないやつがあって、それの対応を複数トラックでやったからです。
今回はティンパ二やフルート鳴らした、ばら撒きいい加減やめろ的な、天のメーカーから出てるMiroslav Philharmonik(ミロスラフ フィルハーモニック)。これのせいでトラック増えてます。

ハリウッドストリングスやシネマティックストリングスに比べると、圧倒的に地味でなんだこりゃ的な感もありますが、探すと使えるパッチはあります

予断ですが、ウェザリポっていう大御所バンドにいたのに、ジャコが目立ちすぎたせいであまり目立たないとこは、ミロスラフ・ビトウスから受け継いでるでしょう(笑)

んで、トラック増えたのはこれ。
201207282.jpg
フルートの例ですが、ロングトーン・スタッカート・フラッター(舌つかってぷるぷる音だすやつね)を別トラックで挿し、トラックで奏法切り替えてます。

このやり方だと、人間のように、通常白玉ロングトーンを弾いてる最中にトレモロとかに切り替えたりできないので、セクション切れ目ブレイクや休符が必要となります。


そのほか(多分これが目立たない原因かも)、パッチ音源は比較的ちっちゃい音量で収録されてるので、ボリュームを上げておきましょう。一音弾いても目立たないけど、うまく混ざると綺麗ですよ。値段も安いですからね。


あと、上記写真にフレンチ・ホルンが書いてありますが、これがむっちゃいい音で、『よっしゃー』となりましたが、音は通るのにいかんせん混ざり具合が悪く、フルオケで鳴らすと他のトラックに干渉してぷちぷちノイズ出してたので、泣く泣くカットしました。他のパート聞こえないのもこまるんだよなー。とりあえず、オーケストラ・パーカッションはこれです。




その他、キースイッチでアーティキュレーション切り替える音源も利用しています。

201207283.jpg

スフォルツァンド(強くアクセントをつけて)から通常サスティン・トーンへの切り替えに使ってます。別に『ここ全部スフォルツァンドで弾けやオラ』的な意図があるわけでなく、バックオケが盛り上がると通常トーンでは聞こえないんですね

しかし、スフォルツァンドと通常サスティン・トーンで、音量差がデカ過ぎるところがあったので、ここはベロシティで対応。

あとアーティキュレーション切り替えつつ余韻引っ張るため、リリースが伸びて少し音が消えかけてきたタイミングでキースイッチ切り替え。探すとここら辺のサンプル切り替え処理のうまい音源もあるようです。


と、マニアックな話になり、かつ後半指揮者が暴走させてしまった的な荒い感じもありますが、メロはかなりクサめに作ったので、BGMにつかうとか楽しんでいただければ幸いです。



『メロはクセぇよな』
『しかし、一時的に金になるけど時が過ぎれば忘れられる楽曲より、ちょっとクサくても個性的な作品を世に残すのは重要!』
と思う方は
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

↓↑クリックお願いいたします♪
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。