プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

dtm/dawサウンドクリエイト講義ねた~ダイアトニック(調性内)和音を学ぶ理由。ちょっと変わった雰囲気を出すため、狙ってキーから外せっ!

おばんです。

どんなにハイスペックなシステムを入手しても、使うのは人間!アイデアがあれば、最大限ポテンシャルを発揮できる!

mikaん星人アワーです。というわけで、ぶろぐにもいろいろアイデア書いていければと思います。


てなわけで、先日は出張サウンドクリエイト講座を行っていました。

一身上の都合により車を手放したので、仙台街中からはちょっと遠いけど泉・富谷方面まで自転車で。
まあ、国家・自治体は車検や税金で高い金ふっかけたことにより、今後何十年と入る可能性のある収益をなくしたということです(笑)
201207011.jpg
ベガルタの試合やってるユアテックスタジアム→七北田経由→4号線へ。以前は車で行って週末の渋滞にはまり、1時間20分かかったものの、自転車で行っても1時間30分程度。車ってなんなんだろみたいな感想(笑い)


んで受講者さんのご自宅につき、講義開始!

dawはキューベースですが、dawの使い方よりもアイデアを伝えるため、作ったプリント持っていきました。
201207012.jpg

今回の内容はダイアトニックコード。わかりやすい(調号ないので)Cキーを基準として、いろいろダイアトニックコードを連結し(かつdawにリズムなどと打ち込んで)曲がどんな雰囲気になるかを確認していきます。HALion Sonic SEやGroove Agent ONEがついてるので、実際の曲みたいにできます。


普通はF・G・CやDm・Gみたいな進行になることが多いですが、『Dm・F・Emみたいなドミナントがでない進行や、E♭混ぜてもかっこよくね?』みたいなお話もしました。


■ダイアトニック(調性内)和音とは?

今回取り上げたねた。Cキーの調性では以下のようになります。
201207013.jpg

基準はⅠトニックで、このキーではCメジャーがⅠとして響きますが、Am・D・Gを弾いたあとにCを弾くとⅣとして響くので注意しましょう。



■ダイアトニック(調性内)和音を押さえておくメリットって?
ささっと考えたら、2つ浮かびました。

1・雰囲気がまとまりやすい
2・狙って外すことができる

1については、メジャー(およびマイナー)ダイアトニックコードだけで構成すると連結しやすくしっくり来やすいというのがメリットです。しかしそれを使ったコードは世の中に出尽くしているので(『王道進行』などをググってみましょう)、リズムや音色、間の取り方や構成の仕方、歌詞や歌い方のアーティキュレーションで個性を出すことが求められます


むしろメリットは2で、ダイアトニック和音を認識した上で、これ以外のものを狙って積極的に取り入れていき、雰囲気をかえたりできるという点でしょう。


■狙ってキーから外した和音を取り入れると、どんな雰囲気になるの?

外し方には何通りかパターンがあり、『ダイアトニックへのセコンダリドミナント和音』、『同主調から借用』、『モードとして解釈』、『間に挟むパッシング和音』、『オールディーズとかでよくやるもったいつけコード』とかいろいろあります。

Cキーを基準として2通り例を作ってみました。(mp3ファイルです)オケはてきとーなんであまり気にしないように(笑)


例1:CキーにE♭を入れてみる
20120701audio1.mp3
(ニュース番組オープニングや昔のコ○ミのファミコン音楽のような、サイバーな雰囲気に。Ⅲ♭と覚えるほか、Cmナチュラルマイナーから借用と考えてもいいでしょう。)



例2:CキーにB♭を入れてみる
20120701audio2.mp3
(ちょっと変わった泥臭い雰囲気だけど、ポップスやロックにも使えそう。Cミクソリディア旋法に由来とか考えてもいいですね。フレーズやおかずはCミクソリディアンで処理。わかりやすくはⅦ♭と覚えましょう。)


といった感じで、他にもいろいろ試せると思います。ちょと変わっているけどかっこいいのができたら、あとは自分のメディアを持って多くの人に聞いてもらいましょう
やり方わからない場合は講義も受講してね(わら)


んでわまた♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ

(↑面白かったらクリックお願いいたします♪)
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 作曲 音楽理論 コード進行
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。