プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1401: by Mikaん星人アワー on 2012/04/12 at 10:00:11

>やまuTさま
コメありがとうございます。そいやキューベース使われてたんですよね。うちもどっちかというとprotools慣れしてますね。

1400: by やまuT on 2012/04/11 at 06:01:33

こんにちは!

私が持っているのもキューベースです!
でも7、8年眠っています(笑)
もともとプロテュールスから始めたんですが
キューベースはあまり使いこなせなかったです(笑)

dtm/dawサウンドクリエイト講義ねた~クールでオリジナルなリズム・トラックを作るときに必要なのは、リズムエチュード!これで手打ちも活きる~

おばんです。

最近webサイト関連ばかりに見えますが、音楽コンテンツについて伝える活動もがんばってるmikaん星人アワーです。
  
音楽コンテンツ作りは、場合によってはwebサイト・メディアと同様に『思いを伝える』ということに使えるため、どちらか一方だけやるというわけでなく、並行して行っていきたいとこです。ねた音楽なんかyoutubeで流したら、多くの人に伝わるかもしれないですからね(♪)


というわけで、ちょくちょく行っているdtm/dawサウンドクリエイト講義ねた。今回は受講者さんのお宅に出張して行います。ほんとは楽典とかコードの勉強とかやる予定でプリント用意してもっていったけど、質問というか、解決したい課題がでたので、ちょっと予定変更。俺もそこそこ融通きくようになりました(笑)


いろいろ書きながらやってみました。
201204081
ちなみに、dawはキューべースですが、dawがどれかというのは、今回あまり関係有りません


上記のキーボードにはpadがついていて、叩いてリズムパートをリアルタイム入力できますが、クールで細かいやつとかを(例えばBPM80~90くらいで、32分とか16分3連などのキックやハイハットなどのフレーズ)をやろうとすると、なかなか大変なので、対策を伝授。


それはmidiの手打ちです

ちと、「叩いてリアルタイムで正確に入れるのは大変」、「どういうノリにしたいかをわかっていないと、クオンタイズも意図的にできない」という理由により、譜割りを書いて説明。手打ちでいれてもらいます。
201204082
こんな感じで。32分3つずつのキックとか入れてもクールですからね。


譜面であらわすと、
201204083
普通の8ビートみたいなパターンを発展させて


いろいろ細かく。青はオープンhhです。
201204084
4小節ループパターンとかで、基本ビートは保ちつつ、ハイハットやキックの細かい連打部分を毎小節変えてみたりしても、バリエーション豊かに。



midiを普通にならしただけですが(ベロシティなどはエディットしてません)
20120408dr.mp3
こんな感じに。


気に入ったパターンができたら、他のドラムキットに読み込ませて・・
20120408dr2.mp3
ちょっと派手な音で鳴らしてみてもOK。


さらに発展させるなら、「キックはbattery、スネアはBFD、ハイハットは元々dawについてくるマルチタイプ、パーカッションループはreason」などというように、複数音源でひとつのキットを構成するのもありでしょう。



今後はうちで作ったこーいうプリントがでてくるかもです。リズムエチュード。
201204085


というわけで、リアルタイムで入れるのが大変なやつも、譜割りをきちんと押さえとくと対応できると思います。


今回の講義ではそこまでやっていませんが、あと、トラックができたら歌とかラップを入れて配信!世の中に発信したいことがあるなら、音楽も常套手段ですね。





んでわまた♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


(↑面白かったらクリックお願いいたします♪)
関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 音楽制作 dawエディット
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1401: by Mikaん星人アワー on 2012/04/12 at 10:00:11

>やまuTさま
コメありがとうございます。そいやキューベース使われてたんですよね。うちもどっちかというとprotools慣れしてますね。

1400: by やまuT on 2012/04/11 at 06:01:33

こんにちは!

私が持っているのもキューベースです!
でも7、8年眠っています(笑)
もともとプロテュールスから始めたんですが
キューベースはあまり使いこなせなかったです(笑)

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。