プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

SEOの終焉~「グーグル検索方式変更で悲鳴 もうテクニックが通用しない」トピが話題!~これまでのテクニック上位表示から、本質的なコンテンツ重視の検証

おばんです。

大したヒットサイトを持っているわけでもないので偉そうなことは言えませんが、2010年あたりからはこのことばをめっきり使わなくなったmikaん星人アワーです。



今回は久々でてきたSEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)ねた。

検索エンジンアルゴリズムや表示順位というものはちょくちょく変化していっており、それでネットの売り上げが変わったり、アクセスが伸びたり減ったりというのがあるので、気にしている方は多いと思われる、以下のトピックが話題です。


J-CASTニュース「グーグル検索方式変更で悲鳴 もうテクニックが通用しない!」トピック
http://www.j-cast.com/2011/09/27108330.html?p=1

記事は「アルゴリズム変動などで、SEO業界が淘汰されてくる」といった類の内容です。

なぜこのトピックを取り上げるかというと、少し前(2009年はじめ頃)自分も、「テクニックで検索エンジン表示順位を上げたら、成果は充分伸びるんじゃね?」というのを自作のサイトで実践したからです。

もちろん結果は惨敗でしたが、それをきっかけに(まだ完成形には遠いとはいえ)本質的な対策へ変化していったので、無駄ではなかったでしょう。
というわけで、ちょっと前にやった「本質をとらえずテクニックだけで上位表示した場合、成果はでるのか」を思い出しながら検証したいと思います。


まずは(時期によっていろいろ違いはでてきますが)、当方の行った「テクニック上位表示」と、それに対する「本質的な対策」を以下に定義します。


・テクニック的なSEO一例
・タグ(strongなど)によるキーワード強調
・metaキーワード内に狙ったものをやり過ぎない程度に詰め込む
・titleもキーワード重視(ただし、ページの内容が充実し、きちんと内容を表すものは可)
・文章内にもキーワード多く
・機械的にリンク集などに登録し、ページランクを稼ぐとともに、リンク文面もキーワード重視



・本質的な対策一例
・関連内容などをきちんとまとめるディレクトリ構成や、導線にそって移動しやすいリンク構造、わかりやすいボタン配置といった、基本設計・ユーザビリティの重視
・サイト内容に親和性が高く、ユーザー流入が見込める被リンク
・関連情報提供や、ユーザーとのコミュニケーションが図れるソーシャルメディア対応
・文章が読みやすく(リードナーチャリングみたいな形で)役に立つ、または(商業・サービスで)サービス内容がわかりやすかったり、良さが伝わる、伝わりにくい部分は動画などが活用されているといった、コンテンツの重視



当方は2009年ごろは、ネットで音楽トラックを売ったりする活動をスタートさせました。上位表示したいキーワードとしては「音楽トラック販売」や、「音楽制作」といったものでしょう。(「今でもすくねーじゃん」とかつっこみは無しよ(笑))しかし当時はサンプルや実例、ぶろぐの関連記事も少なく、コンテンツとしては貧弱だったのは確かです。


そこで、上記の「テクニック的なSEO一例」を駆使し、(たまに自分でクリックしたりして(笑))先にあげたキーワード一位表示を達成しました。


ある期間の成果は
・ページビュー:2500
・ユニークユーザー:1200

くらいになりました。しかし問い合わせはきません(愁)



しかし、一位表示が目的でないので、目覚めて対策を変えることにします。この時点で「おかしいなー」と思います。予断ですがこのあとSEOセミナーとか行ってみると、先生がその時点で未だに「metaキーワードをいれましょう」と言っていて、つっこみたかったけどつっこみませんでした(笑)



で、まだ足りないとはいえ、上記の「本質的な対策」にシフトし始めます。ぶろぐやサンプル、実例などを充実させていきます。
ある期間の成果は
・ページビュー:1500
・ユニークユーザー:500

くらいになりました。

キーワード一位効果がなかったので、数は減りました。問い合わせはこの数あたり平均2~3件というようになりました。



上記の結果から、以下の内容が想定されます。アルゴリズム変更で順位とはすこし観点がずれますが(こういうサイトが落ちるようになってきたというようなアルゴリズム変更と解釈)

・テクニック上位表示で、アクセスを集めることは可能だった。しかし、サイト内容が貧弱だったことと、キーワードが大きすぎることにより、ピンポイントなユーザーの要求に応えられていないことから、成果を得る事はできなかった。


(*:キーワードが大きすぎるとは、例えばラーメンを作りたい人向けの情報を記載するとき、「ラーメン」というキーワードでなくて、「ラーメン レシピ」などで狙ったほうがピンポイントであるということ)



という感じで実証してみました。前のことなので数字が不確かな部分もありますがこういう傾向です。本質的な対策をやっておくと、ユーザーの評価がある限り、アルゴリズムが多少変わってもなんとかなると思うので、小手先のテクだけでなく、本質的なところを狙っていきたいと思います。

んでわまた♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村 ベンチャーブログへにほんブログ村 音楽ブログへ


(↑面白かったらクリックお願いいたします♪)

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーのタグ: 検索エンジン対策
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。