プロフィール

mshp0723(旧Mikaん星人アワー)

Author:mshp0723(旧Mikaん星人アワー)
ごらんいただきありがとうございます。マルチクリエイタ・クリエイティブ起業家のmikaん星人アワーです。webや音楽コンテンツ関連お仕事をしています。

■お仕事関連サイト■
音楽制作・楽曲アレンジ・webサイトやブログ制作・アトリエSS



2010~2013年の業務
サウンド制作関連
・一般クライアントさま向けDAWレッスン
・芸能プロダクションさま、アーティストさま向け楽曲提供
・教育機関さま 歌唱教材ダンスアレンジ
・ダンススクールさま ダンスBGMオーディオデータ編集
・機器メーカーさま ナレーションレコーディングと編集
・地元企業さま イベント用ご当地風楽曲アレンジ制作
・飲食店運営企業さま 店舗用カラオケアレンジ制作
・移動販売店さま 店舗BGM楽曲アレンジ制作


webサイト制作・運用関連
・食品店さま ネットショップ制作
・音楽スクールさま webサイト制作
・楽器奏者さま 再生プラグイン埋め込みサイト制作
・エクステリア施工企業さま webサイト企画
・飲食店さま webサイト制作
・支援団体さま サイト制作
・一般企業さま 会社案内サイト企画
・支援団体さま fc2ブログカスタマイズ
・その他 メディア/アフィリエイト運用ブログカスタマイズ



よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

金太郎飴状態のコンテンツへの強力なアンチテーゼか?動画「J-POPの歌詞における「何か」の探され率は異常」が話題!

おばんです。

そう思っているのは、たぶん俺だけじゃないと思います。

mikaん星人アワーです。


スレッドや関連ブログをリアルタイムで見てしまい、ついつい反応してしまいましたが、「J-POPの歌詞における「何か」の探され率は異常」という、jpopにありがちな歌詞フレーズを挙げてネタにする2ちゃんねるスレッドが話題になり、
さらにニコニコ動画にそれらの歌詞をくっつけて曲にしたものが投稿され、メディアにも掲載されてしまいました。

産経のエンタメ関連記事はこちら。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100722/tnr1007220744002-n1.htm


で、まとめられたものが動画サイトにあがっていますが、「会いたくて会えない」、「光が挿す方へ」といった、ありがちなフレーズが随所に登場し、これまたpopsにありがちアレンジなトラックと融合。(トラックを作った方は歌詞をまとめた人とは違うようですが、狙ったのか、よくあるpopsアレンジに仕上がっています。)

以下動画。


youtubeモバイル
http://www.youtube.com/watch?v=4oQHEleIHIs

コメントが面白いニコニコ動画バージョンはこちら。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11334087

そもそも、今まではマーケティング手法がTVタイアップや特集などで大多数に聴かせるといったもののため、大多数が反応しやすいよう、恋愛や友情ネタの歌詞が使われ、ゆえにありがちフレーズになってしまったというのも考えられます。
それで、個性的すぎる作品は、日の目を見なかったりしています。


しかし、現在では、ライフスタイルやメディアのターゲット属性も細分化されています。かなり個性的なトラックや歌詞を作ったとしても、マスメディアを使わないで、反応してくれるファン層を独自メディアで囲い込む、またはターゲットになってくれそうな層に積極的に提案していくことで、個性的なコンテンツも生き残れるんでないかなと考えています。

てか、もうそういう時代になってますねー。なぜなら、こういうことがマスメディアの記事になってるくらいだからね(♪)


んではまた♪

FC2 Blog Ranking

(↑よかったらおしてね♪)

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村 音楽ブログへ


こちらもよろしければぜひ♪
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

検索フォーム

音楽制作読んどけ☆コラム dawテクニックと音楽理論・アレンジ・更新情報

Powered by RSSリスティング

リンク(相互大歓迎♪)

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。